食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

健康的な食生活のお手本?モデルさんたちに学ぶ、上手なおやつの選び方

糖尿病患者さんのおやつの選び方

糖尿病患者さんの食事療法では、おやつを含め、1日に食べる食品全体の総カロリーや栄養バランスが大切。おやつの習慣を取り入れる場合には、朝食・昼食・夕食だけでは不足してしまう栄養素を補うものを選び、糖質や脂質の高いお菓子類はなるべく避ける努力も必要です。

上述のナッツやドライフルーツなどは、少量でも腹持ちがよく、ビタミンやミネラルなどの不足しがちな栄養素を取り入れることができる良質なおやつといえるでしょう。

このほか、日本人に不足しがちな栄養素といわれるカルシウムは、低脂肪牛乳やヨーグルトなどをおやつにすることで、手軽に補給することができます。

食べ過ぎ防止!目標摂取カロリー内でのおやつ習慣

糖尿病患者さんのおやつの鍵となるのは、やはり、摂取カロリー量の制限。3食の食事とともに、1日の総摂取カロリーの目安を超えないよう調整することが前提となります。

健康効果を期待できるとされる食品でも、食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまえば逆効果。小分けのパックを選んだり、小さい器に移して食べるなど、食べ過ぎないための工夫が大切です。

また、ダラダラ食べを防ぐには、食べ終わった後に歯磨きなどで口の中をスッキリさせるのも効果的です。

モデルさんたちの健康的な食生活を助ける、おやつ習慣。糖尿病患者さんにとっては、糖尿病の症状や、血糖値の変動の仕方などによって、いつ、どのように食べるべきか、個別の判断が必要となります。

けれども、続かない「我慢」をするよりも、医師や栄養士に相談して、自分に合った「おやつ習慣」を見つけてみてはいかがでしょうか。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner