糖尿病の食事コラム

すっぱいものを甘く感じさせる?!ミラクルフルーツとは

「ミラクルフルーツ」という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
「ミラクルフルーツを食べた後、レモンを食べるとレモンが甘くなる!」というような内容で、一時期よくテレビのバラエティ番組などで取り上げられていたこともありますね。


通常のスーパーなどで買えるほど一般的に普及はしていませんが、不思議なフルーツとして世界で注目を集めています。


今回は、「ミラクルフルーツ」にフィーチャーして見ていきたいと思います。


ミラクルフルーツって?? 果実自体は甘くない、不思議なフルーツ

◆ミラクルフルーツ・・・西アフリカ原産 アカテツ科フルクリコ属
 ミラクルフルーツ (miracle fruit)、ミラクルベリー (miraculous berry)と呼ばれる。


ミラクルフルーツは、コーヒー豆ほどの大きさの小さな赤い果実。
一般的な果実と異なり、果肉を楽しむフルーツではありません。
果肉自体は甘くなく、「ミラクリン」という特殊な糖たんぱく質が舌の上で作用し、ミラクルフルーツを食べた後にすっぱい(あるいは苦い)食べ物(レモンやライムなど)を食べると甘く感じさせるという働きがあります。


ちなみに、「ミラクリン」自体は甘味料ではなく、その後に食べる食べ物の酸味や苦味に反応して甘く感じられます。
個人差はありますが、ミラクルフルーツの効果は30分~2時間程度持続します。


ミラクルフルーツはどこで買える?!自分で栽培できる?!

スーパーの店舗にミラクルフルーツを置いてあるところは稀ですが、インターネット販売で簡単に買うことができます。
値段は1粒200円前後が相場。
最近では、イベントごとの際の話題づくりなどでも利用されているようです。


また、ミラクルフルーツの働きをタブレットにして手軽に取り入れられる商品も出てきています。
ミラクルフルーツの苗も販売されていますが、成長~結実まで5年程度ととても時間のかかる植物のため、一般には育てることは難しいと言われています。


ミラクルフルーツはダイエットや糖尿病の味方!?

一般的に砂糖がたくさん入った甘いものはカロリーが高く、ダイエット中の方や、糖分を控えなければならない糖尿病患者さんなどにはよくありません。


そこで、酸味を甘味に変えてしまうミラクルフルーツの利用が「甘いものの代わり」として注目を集めています。
レモンなど柑橘系のくだもの、ヨーグルトなどの発酵食品、レモン果汁をたっぷり入れた紅茶、ビールやワインなどのお酒、お寿司・酢の物・酢豚なども甘くなります。
もちろんミラクルフルーツによってすっぱいものに甘味を感じても、あくまで「甘いと感じているだけ」なので、余分な糖分やカロリーの摂取を控えられるというわけです。


しかし、甘くなっておいしく感じられるからと言って食べ過ぎてしまっては本末転倒。
特に血糖コントロールを行っている糖尿病患者さんにおいては、ミラクルフルーツを食事療法として利用する場合には、念のため医師や管理栄養士に相談することをおすすめします。


すっぱいものが甘くなる、その名の通りのミラクルフルーツ。
まだ食べたことがない方は、その味覚が変わる驚きのためだけでも、一度試してみると面白いかもしれません。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧