食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

ブリ雑煮

【材料(2人分)】

ブリ雑煮縦

  • ブリ 1切れ(90g)
  • 塩 0.6g
  • 切りもち 2個(100g)
  • 小松菜 60g
  • しいたけ 4個(60g)
  • 大根 80g
  • 人参 60g
  • 長ねぎ 60g
  • こんぶだし 2カップ(400ml)
  • 清酒 大さじ1(15g)
  • 薄口醤油 小さじ2(12g)

【栄養価(1人分)】

エネルギー:285kcal
塩分:1.9g
食物繊維:4.1g
糖質:32.2g

【作り方】

:小松菜は30秒程茹でて4㎝に切る。長ねぎは3~4㎝に切る。しいたけは石突を切り落とす。大根と人参はいちょう切りにする。(お好みで人参は型抜きしてもいいです。)

:ブリは塩をふって、切りもちとともに魚焼きグリルで焼く。3~4分して焼き色がついたら裏返して同様に焼き色がつくまで焼く。

:鍋にだしを入れて火にかけ、大根、人参を煮る。煮立ったら長ねぎ、しいたけ、ブリ、もちと酒、醤油も加えて煮る。全体が煮えたら、小松菜を加えて温めて完成。

お正月に食べるお雑煮は地域によって様々ですが、ブリを入れる地域もあります。ブリから出るうま味がおいしい雑煮です。カロリーが高めなブリもグリルでシンプルに焼いて加えるので安心です。野菜やきのこも一緒に食べることができて、お正月以外にもおすすめですが、お餅はお米からできているので、ついつい食べ過ぎないようにしたいですね。お住まいの地域と異なるお雑煮も楽しんでみてはいかがでしょう。

関連レシピ

【切り出し】1230_1

超低カロリーオクラスープ

>>詳しいレシピはこちら

【切り出し】1230_2

とん豚つみれ汁

>>詳しいレシピはこちら

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner