糖尿病の食材レシピ

夏に不足しがちなビタミンB1。ビタミンB1が豊富な豚肉で夏バテ撃退!

暑い日が続くと、なんとなく体調がすぐれない日が続き、食欲不振や不眠になってしまって起こる夏バテ。
このとき、特に体の中で不足しがちな栄養素が「ビタミンB1」です。

今回は夏バテ対策として、「ビタミンB1」の働きや、ビタミンB1を多く含む食材である豚肉レシピを紹介します。


ビタミンB1ってどんな栄養素? ~ビタミンB1と夏バテの関係~

ビタミンB1は、別名「チアミン」とも呼ばれ、水溶性のビタミンB群の一つで、疲労回復に効果があります。
また、ごはんやパンなどの糖質を分解し、エネルギーに変換する際にも重要なビタミンで、これが不足すると糖がうまく代謝されずに疲労物質である乳酸が溜まってしまい、体が疲れやすくなってしまうのです。


ビタミンB1は水溶性なので尿や汗で排出されやすく、気温が上昇すればするほど体内での消費量を増えるため、(その他、糖分の摂り過ぎ、喫煙や飲酒によっても大量に消費されます。)特に夏は不足しがち。
夏に体の不調をきたしやすいのは、このような理由もあるのです。


ビタミンB1を多く含む食材は?一緒に摂ると良い栄養素は?

ビタミンB1は、豚肉、レバー、にんにく、玄米、卵、ゴマ、うなぎ、大豆、かつおなどに多く含まれています。


また、体内でビタミンB1を効率よく吸収させる働きをもつ栄養素が「アリシン」。
「アリシン」は香味野菜の香味成分でもあり、にんにく、ねぎ、ニラなどに多く含まれています。
ビタミンB1を多く含む食材と一緒に摂ると良いでしょう。


また、夏バテ対策の栄養素としては、ビタミンB1以外にも疲労回復効果のある「クエン酸」もおすすめ。
「クエン酸」は、梅干し、お酢、かんきつ類に多く含まれ、疲労物質である乳酸を体外に排出する働きがあります。


豚肉を使った夏バテ対策おすすめレシピ!

豚肉のビタミンB1だけではなく、にんにくのアリシンやレモンのクエン酸も入った、夏バテ対策にピッタリのレシピを紹介します!


豚肉とレモンのさっぱり炒め (カロリー:219kcal 塩分:1.1g (1人分))
img_maindish15_popup<材料(2人分)>
・豚肉(モモの細切れ) 200g
・にんにく ひとかけ
・パプリカ(中サイズ) 約1個(120g)
・レタス 約4枚(80g)
・プチトマト 6個
・オリーブ油 小さじ1
・塩 少々
・こしょう 少々
 ・レモン汁 適量

1.にんにくは皮をむいて薄切りにスライスする。
2.野菜を食べやすい大きさに切る。レタスは手でちぎっておく。
3.温めたフライパンにオリーブ油とにんにくを入れ弱火でにんにくの香りをだす。
 ※にんにくは焦げないよう、火加減に注意しましょう。
4.にんにくの香りがたったら、豚肉を加えて中火で炒める。
5.(4)に塩・こしょうをする。
6.肉に火が通ったら、野菜を加えて軽く炒める。
 ※水分で味が薄まることを防ぐために、野菜は炒める前によく水きりしましょう。
7.火を止め、塩・こしょうで味を調え、レモン汁を加えて全体を混ぜる。


他の栄養素もバランスよく摂って、夏バテを撃退

夏バテには、ビタミンB1の他にも、体を作る基本となるたんぱく質や体の抵抗力を高めるビタミンAやビタミンCなどの栄養素も大切です。


時にはサプリメントなどを利用するのも良いですが、他の栄養素も一緒にとることで吸収率や働きも相互的にアップするので、できれば自然の食材からバランスよく栄養を摂取したいものです。


夏バテのメカニズムや食材の栄養素を知って、賢く夏バテを撃退しましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧