糖尿病の食事コラム

バターの摂り過ぎには要注意。飽和脂肪酸のリスクに備える方法とは

バター 飽和脂肪酸

バターは手に入りやすく、さまざまな料理に風味をプラスしてくれることから、日常的に食べている人が多い食材です。

しかし、バターには飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸が多く含まれています。この飽和脂肪酸は食べ過ぎると心筋梗塞や冠動脈疾患などを発症する可能性が高くなるとも言われています。糖尿病患者さんや糖尿病の予防を行っている人にとって、気をつけないといけない食材の1つでもあるのです。

今回は「バターに含まれる飽和脂肪酸にはどんなリスクがあるのか」「飽和脂肪酸の摂り過ぎを防ぐにはどうすれば良いのか」といった、健康的な食生活につながる大切な方法を紹介します。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧