食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】ナッツの栄養・カロリーを比較!補食80kcal分を食べるには?

ナッツのカロリーはどのくらい?

気になるナッツのカロリーは、どれくらいなのでしょうか?文部科学省が発行する日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、可食部100gあたりのカロリーをまとめてみました。また、補食として食べる1単位80kcal分のナッツがどのくらいの重量にあたるのか、おおよその量を合わせて示しています。

ピーナッツ(いり)585kcal (80kcal分は→約13g)
アーモンド(フライ、味付け)606kcal (80kcal分は→約13g)
アーモンド(いり、無塩)608kcal (80kcal分は→約13g)
くるみ(いり)674kcal (80kcal分は→約11g)
カシューナッツ(フライ、味付け)576kcal (80kcal分は→約13g)
ヘーゼルナッツ(フライ、味付け)684kcal (80kcal分は→約11g)
マカダミアナッツ(いり、味付け)720kcal (80kcal分は→約10g)
ピスタチオ(いり、味付け)615kcal (80kcal分は→約13g)

ナッツ類を食べる場合、80kcal分はおよそ10gほどにあたります。ナッツを買ってきたら、あらかじめ10g前後に計量して小分けにしておくと、ちょっとした補食や間食の単位としてわかりやすく利用できます。

ちなみに、心血管疾患やがんのリスク対策には1日にひとつかみのナッツを食べることがよい、という説もあります。ここで推奨されている「ひとつかみ」の重量はおよそ28gです。ですから「1日ひとつかみのナッツ」は一度に食べてしまわず、3回分に分けて食べるといいかもしれません。

参照・参考
日本食品標準成分2015年版(七訂)
特集2 食材まるかじり(3):農林水産省
日本ナッツ協会 – Japan Nut Association
落花生は有能食品-落花生をもっと知る-一般財団法人 全国落花生協会

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る