糖尿病の食事コラム

糖尿病患者さんの賢いサプリメントの利用方法

糖尿病のケアにはサプリメントが利用されることもあります。
不足しがちな栄養素の補給や食欲がない時などにも利用できるほか、血糖の上昇を抑えるトクホのサプリメントもあります。
しっかりとメリットとデメリットを理解して上手に利用することが大切です。


補給したい栄養成分を効率よく摂れるというメリット

サプリメントを使う目的は、大きく分けて次の2つがあります。


  • ・日常の食事で不足しがちな栄養成分を効率的に摂り入れること
  • ・健康維持を助ける機能を期待して利用すること

外食が多く野菜不足になりがちな人は、食物繊維やビタミン・ミネラルといった栄養成分が、一般的に若い人ではカルシウム、特に女性では鉄分が不足しやすいと言われています。
また、糖尿病で腎機能が低下し、たんぱく質の摂取制限をしている場合は、亜鉛などのミネラルが足しがちです。


このように、自分に不足している特定の栄養素を補給するために、利用されるサプリメントは、余分なエネルギーや糖分・塩分等を摂らず、効率よく手軽に不足栄養素を補給することができます。


また、糖尿病患者さんが注目するサプリメントには、体内で糖の吸収をおだやかにし、血糖値の上昇を抑える機能をもった豆鼓(とうち)エキス等を配合したトクホのタブレットがあります。


このトクホのタブレットは、食事の際に水またはお湯と一緒に摂ります。
食事から摂った糖は体の中の酵素により分解され吸収されますが、タブレットがこの酵素の働きを抑えることで糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を抑えます。
サプリメントを摂るタイミングは基本的にいつでもOKですが、メカニズムを考えると、このサプリメントは食事の直前に飲むのがおすすめです。


大切なことは、トクホは血糖値が高めの人の食後の血糖上昇を抑える補助的なもので、糖尿病患者さんの薬の代わりになるものでもありませんし、トクホを利用しているからその分、決められた摂取量以上にカロリーを摂って良いというものではありません。


製品パッケージには栄養成分が明記されているので、自分が摂るべき量をしっかりと確認して利用するようにしましょう。


また、サプリメントを利用することで、サプリメントが持っている機能について調べたり、栄養についても意識したりするようになり健康意識の向上にもつながります。
適切な食習慣と運動習慣の中で、健康状態に注意しながらサプリメントを取り入れることは、一つの賢い選択といえるでしょう。


「効果効能がどれだけあるか」エビデンスの見極めが難しいサプリメントのデメリット

サプリメントを利用するときに頭に入れておかなければいけないのが、あくまでもサプリメント(補助)であるということです。
食後の血糖上昇を抑えるトクホのサプリメントを過信しすぎて、サプリメントを摂っているから多少カロリーオーバーしても、糖分を多めに摂ってもいいやと食事療法のルールを守らないのでは本末転倒になってしまい大変危険です。


糖尿病ケアの基本は食事療法。
普段の食事でしっかりと栄養バランスを考えて食べることが大切で、サプリメントはあくまでもその補助ということを忘れてはなりません。
特に薬での治療を行っている人は、薬との相互作用の可能性も考えなければいけないので、サプリメントを利用したい場合には、事前に医師や薬剤師にしっかり相談することが大切です。


また、インターネットなどではさまざまな健康情報等があり、「血糖をコントロールできる」と謳われるサプリメント等が紹介されています。
「トクホ」は効果効能に対するしっかりとした研究結果がありますが、サプリメントの中には効果効能についての証拠がはっきりしないものも多く、この見極めが難しいのがサプリメント利用のデメリットと言えます。


サプリメントを利用する際の注意点

サプリメントを有用なものとするためにも、まずは自分がどんな栄養成分が不足しやすいのかを把握しておくことが大切です。
医師や管理栄養士等に食事内容をチェックしてもらいアドバイスをしてもらうのも良いでしょう。


◎サプリメント利用時の鉄則

  • ・自分が不足しがちな栄養成分をチェック。必要であれば、医師や管理栄養士にもアドバイスを受けましょう。
  • ・過剰摂取にならないよう、1日の目安量は製品に表示されたとおり守る。
  • ・薬物療法を受けている場合には、必ず利用前に医師に相談を。(特に機能性のあるトクホ製品)
  • ・糖尿病以外にも、妊婦、高齢者、持病を持っている人も事前に医師に相談を。

メリットとデメリットを理解し、賢くサプリメントを利用

サプリメントは、食事療法を補助するものとして、不足しがちな栄養成分の補給や、機能性を期待して適切に利用しましょう。
まずは、食事内容を見直し、自分に不足しがちな栄養成分は何かを理解することが大切です。

糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法ということをしっかりと頭に入れた上で、サプリメントのメリット・デメリットをよく理解し、賢く上手に利用していきましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧