糖尿病のレシピ

暑い夏の強い味方!「クエン酸」で疲れ知らず!

「クエン酸は疲労回復に役立つ」ということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
クエン酸とは、梅干しやレモンに含まれる「酸っぱい」成分。


今回は、クエン酸の働きや、クエン酸をたっぷり含んだおすすめ夏レシピなどを紹介します。


クエン酸はどうして疲労回復や夏バテ回復に役立つの?

クエン酸とは、炭水化物・たんぱく質・脂質の栄養素をエネルギーに変わる過程(クエン酸回路)で発生する有機酸の一つです。

クエン酸回路が正常に働かないと、エネルギーをうまく作り出せず、いわゆる「代謝が悪い」という状態となり、体のだるさやむくみといった症状として表れます。


また、糖の代謝時には、言わばエネルギー「燃えカス」として「乳酸」が発生します。乳酸が溜まると疲労を起こす原因となると言われています。
クエン酸回路を活性化させることにより、乳酸などの疲労物質を減少させることができるので、疲労回復に役立つと考えられているのです。


そして、このクエン酸回路を正常に働かせる火付け役が「クエン酸」というわけです。
さらに、クエン酸には食欲増進効果もあり、暑さで食欲が落ちて栄養不足に陥っている夏バテ状態の体を回復に導く働きもあるのです。
参考:わかさの秘密(http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/citric-acid/)

クエン酸が多く含まれている食べ物は?

クエン酸はお酢やレモンなどの柑橘類、梅干しなどの酸っぱい食べ物に多く含まれています。
スポーツの休憩時にシロップ漬けのレモンなどを食べた経験はありませんか?
それには、運動によって消費された糖を砂糖で補い、レモンのクエン酸で素早く疲労を回復させる、という狙いがあったのです。


まとめて作り置き!おすすめ、夏にうれしい梅ジュースレシピ


◎薬膳ノススメ!夏の疲労回復に★梅ジュース

 <材料>
  • ・青梅1kgぐらい
  • ・ハチミツ800g~1kgぐらい

1.青梅を洗い、水をよくきる。
2.へたを楊枝で取り除く。
3.フォークで、たくさん穴をあける。(手を刺さないように気をつけて!)
4.青梅がヒタヒタにつかるくらいのハチミツを入れる。
1日置くと水がでてくるので、よく振る。2~3日したら、飲めます。
5.お水、お湯、炭酸水、お酒などなどなんで割ってもおいしい♪
すぐに飲みきらないようなら、発酵をふせぐため冷蔵庫へ!

(http://cookpad.com/recipe/837149より)

豆知識!クエン酸は水回りの掃除にも使える!

話は少しそれますが、クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れを効果的に落とすことができます。
シンクの水垢、鏡のくもり、浴室の汚れなどがよく落ちます。
クエン酸はドラッグストアなどで手軽に手に入り、薬剤ではないので小さなお子様やペットのいる家でも安心して使うことができます。

使い方などはこちらのサイト(http://m3q.jp/t/1390)などを参考にしてみてくださいね。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

関連記事一覧