キャベツと桜えびのガーリック炒め

【材料(1人分)】

キャベツと桜えびのガーリック炒め

  • キャベツ 140g
  • じゃがいも 40g
  • 桜えび 15g
  • なたね油 小さじ1
  • こいくちしょうゆ 小さじ1/3
  • 塩 0.4g
  • ガーリックパウダー 0.5g
  • こしょう 0.1g
  • 唐辛子 0.1g

【作り方】

:キャベツは短冊切り、じゃがいもは皮つきのまま千切りにする。

:フライパンに油をひき、唐辛子を入れ、じゃがいもを炒める。

:じゃがいもに火が通り始めたら、キャベツを入れ炒め、桜えび、ガーリックパウダー、塩、こしょう、しょうゆで味を調える。お皿に盛り付けて完成。

【栄養価(1人分)】

エネルギー:158kcal
塩分:1g
食物繊維:3g
糖質:12g

キャベツは短冊切なのですぐに火が通ります。キャベツとじゃがいもでボリュームのあるおかずになりますよ。

キャベツに含まれるビタミンK、桜えびに含まれるカルシウムは、骨の形成に必要なミネラルです。骨粗しょう症が気になる方にもおすすめの組み合わせです。

関連レシピ

どっさりキャベツのミルクスープ

どっさりキャベツのミルクスープ

>>詳しいレシピはこちら

手作りドレッシングのコールスローサラダ

手作りドレッシングのコールスローサラダ

>>詳しいレシピはこちら

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る