人気ブロガーのレシピ連載

【ちきぽん連載vol.1】がっつりビッグにいきましょう!『シャキシャキキャベツの鶏バーグ』

006A3611

はじめまして!料理ブロガーのちきぽんです。突然ですが、私の主人は“遅咲きの食べ盛り”とでもいうのでしょうか、とにかくよく食べる人なのです!遅咲きと言うだけあって、生活習慣病などが一番気になるお年頃……。そんな主人の体調管理のために始めたお弁当作りが、ブログ開設のきっかけでした。「3日坊主にならなきゃいいなぁ」と思ったあの日から、気付けば5年が経とうとしています。ありがたいことに、今ではたくさんの方に読んでいただけるようになりました。

そしてご縁があり、こちらでレシピの連載をさせていただくこととなりました。これからご紹介するレシピはそんな主人に食べさせたいのはもちろん、実はもっと食べさせたいのが私の父なのです。実は私の父、糖尿病なのに自覚が全くない困った人!これを機会に健康になってもらおうじゃないの~!と目論んでいるのです。

野菜を好んで食べない父。しかも早食いでしっかりした味のものが好き、食欲も旺盛だから困ります。そんな父に食べさせたいと考えたのがこちらのレシピ。シャキシャキ食感が楽しくてしっかり味、そしてボリューム満点の鶏バーグ!すすみすぎても困るけど、ご飯にとっても合うんです。


シャキシャキキャベツの鶏バーグオイスターあん


006A3595

【材料(2人分)】

鶏ひき肉 150g
木綿豆腐 150g
キャベツ 2枚(120g)
■すりおろしにんにく 1片分(2.5g)
■塩 小さじ1/4(2g)
■砂糖 小さじ1(3g)
■胡椒 少々
オリーブ油 小さじ1(4g) 
刻みねぎ 3本分(6g)

<あんの材料>
水 100cc
オイスターソース 小さじ1
片栗粉 小さじ1

【栄養価(1人分)】

エネルギー:229kcal
塩分:1.6g
食物繊維:1.5g
糖質:7.2g


【作り方】

:豆腐はキッチンペーパーにくるんで、手で軽く水分を絞る。あんの材料を混ぜ合わせておく。
:キャベツは粗みじんにして、鶏ひき肉・①の豆腐・■の材料と一緒によく混ぜ合わせる。


006A3560

:②を二等分して形を整え、油を引いたフライパン中弱火で焼く。片面にこんがり焼き色が付いたら返して、ふたをせずにそのまま焼く(※キャベツから水分が出るため)。


006A3564

:③が焼けたら皿に取り出し、そのまま同じフライパンに<あんの材料>を入れ、とろみが付くまで加熱する。
:鶏バーグに、あんをかけて刻みねぎをのせたら出来上がり。



冷めてもおいしく食べられます♪

焼くときは、崩れるのを防ぐために最初はあまり触らないようにし、さらに水分をしっかり出してあげることで冷めてからもおいしく食べられます。冷めると食感がしっかりして、食べ応えが増しますよ。お弁当のおかずにもオススメ♪



しっかり噛んで食感を楽しみましょう!

鶏バーグは、よく噛んでシャキシャキしたキャベツの食感と甘みを楽しんでください。噛むことで満腹感も得られ、消化も助けます。ご飯がすすむけれど、食べ過ぎには注意しましょう!


プロフィール

ちきぽん

料理ブロガーであり、フードコーディネーター、ジュニア野菜ソムリエ、調理師、そして一児の母。“心と身体が元気になる料理”がテーマの野菜ソムリエ協会認定料理教室「KCINA」を主宰。糖尿病でありながら危機感がまったくない父の体質改善を目論み、当サイトでは、父も満足できるようなガッツリ系ヘルシーレシピを紹介。
ブログ:『おいしい毎日しあわせごはん

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧