食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖質オフのおやつ「するめ」。糖尿病患者さんは食べても大丈夫?

糖尿病患者さんが気をつけたい、おやつの食べ方

糖尿病患者さんの食事療法では、3度の食事を規則正しくとり、1日の摂取エネルギー量の範囲内で、炭水化物・タンパク質・脂質をバランスよく食べることが大切です。

食事療法中の患者さんが3度の食事に加えておやつを食べると、1日のエネルギー量をオーバーしてしまう可能性があるだけでなく、血糖値のコントロールにも影響をおよぼします。

食事療法中の患者さんがおやつを食べる場合には、下記のポイントに注意し、医師とも相談して、適度な量と食べるタイミングを考える必要があります。

・食事後の血糖値が下がりきらない時間(午前10時・午後3時頃など)は避ける。
・夜、寝る前には食べない。
・軽い運動をする前や、身体活動量が増える前の時間帯に食べる。
・脂肪や糖質、カロリーの高いものは避ける。80kcalが目安。

こちらの記事では、糖尿病患者さんがおやつを食べる工夫について詳しくご紹介していますので、参考にしてください。
【医師監修】糖尿病でも食べられるおやつの工夫

「するめ」に含まれる栄養素とは

加工食品である「するめ」は糖質が低く、よく噛んで食べるため、少量でも満足できる食品であるといえます。では、するめは糖尿病患者さんがおやつに食べてもよいものなのでしょうか。

するめに含まれる主な栄養素(可食部100gあたり)
加工品/するめ
エネルギー:334kcal
たんぱく質:69.2g
炭水化物:0.4g
脂質:4.3g
ナトリウム:890mg
カリウム:1100mg
カルシウム:43mg
マグネシウム:170mg
リン:1100mg
ナイアシン:14.1mg
ビタミンB12:12.3μg
コレステロール:980mg
食塩相当量:2.3g
(出典:文部省食品成分データベース)

するめは糖質が低い一方、コレステロール値が高く、塩分も多く含まれています。厚生労働省では1日の塩分摂取量の目標値を男性で8g、女性で7g未満と定めていますが、多くの人がなかなか達成できていないのが現状です。

塩分のとりすぎは現代日本人にとって、高血圧の最大の原因となっています。高血圧は動脈硬化を引き起こし、さらに心筋梗塞や脳梗塞など、重篤な脳血管疾患の引き金となります。特に血圧の高い方は塩分の摂取量をひかえ、ナトリウムを排出してくれる食物繊維を積極的にとりましょう。

おやつの目安である80kcalを目安に考えると、するめを1回に食べる量は30g弱がよいといえます。30gのするめに含まれる塩分量はおよそ0.6gとなります。塩分控えめのするめも販売されていますので、そちらを選ぶのもよいでしょう。

また、するめはカリウムも多く含むため、糖尿病腎症など、カリウム摂取に制限がある方は食べない方がよい食品であるといえます。

次に、おやつとしてのするめのメリットをご紹介していきます。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner