食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

ぎんなんときのこの秋の中華丼

【材料(1人分)】

ぎんなんときのこの秋の中華丼

・ごはん 150g(指示量に応じて調節してください)
・はくさい 50g
・にんじん 20g
・豚もも肉(赤身) 30g
・むきえび 30g
・しめじ 30g
・干ししいたけ(水で戻しておく) 1個(4g)
・ぎんなん 10粒(正味10g)
・キャノーラ油 小さじ1(4g)
・清酒 小さじ1(5g)
・濃口醤油 小さじ1(6g)
・オイスターソース 小さじ1/2(3g)
・水 50㏄
・片栗粉 小さじ1/2(1.5g)
・片栗粉用の水 大さじ1/2(7.5g)

【作り方】

:はくさいとにんじんは短冊切りにする。(お好みでにんじんは型で抜いてもきれいです。)豚もも肉は一口大に切る。

しめじは石突を切り落として小房に分ける。しいたけは石突を切り落として乱切りにする。ぎんなんは電子レンジなどで加熱して殻をむいておく。

:フライパンを熱して油をひき、豚もも肉を炒め、色が変わってきたらえび・はくさい・にんじん・しめじ・しいたけを加えて炒める。

:全体がしんなりしてきたら、清酒、醤油、オイスターソース、塩、水を混ぜ合わせたものを加えて軽く煮る。

:ぎんなんを加えたら、片栗粉を水で溶いて加えてとろみがつくまで加熱する。

:丼にごはんを盛り、④をのせて完成。

【栄養価(1人分)】

エネルギー:394kcal
塩分:1.4g
食物繊維:3.1g
糖質:63.8g

ぎんなんは糖尿病食品交換表では穀類と同じ表1に分類されていますが、少し添えてあげるだけでも十分秋らしさが感じられます。にんじんをもみじ型に抜くと、さらに季節感がUPします!
また、きのこは秋らしさだけでなく低エネルギーで水溶性食物繊維も摂れるので、血糖値の上昇も緩やかにしてくれる中華丼になっています。

関連レシピ

えびとブロッコリーの中華粥

えびとブロッコリーの中華粥

>>詳しいレシピはこちら

きのこ香る鶏つくね丼

きのこ香る鶏つくね丼

>>詳しいレシピはこちら

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner