食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】実は栄養がある?糖尿病患者さんの食事療法にもおすすめ「きゅうり」の底力

きゅうりを使ったアレンジレシピ

きゅうりの長所を生かして食べるには、どんなレシピが最適なのでしょうか。

ビタミンCを破壊してしまうアスコルビナーゼは、酸や熱に弱いと言われています。このため、酢を含むドレッシングをかけて食べたり、酢の物にして食べることでアスコルビナーゼの働きをおさえることができます。

食酢には血糖値の上昇を抑える作用があることが知られているため、糖尿病の患者さんにとっては一石二鳥の食べ方といえます。

また、きゅうりは生のままでサラダや酢の物にするだけでなく、炒めたり、煮てもおいしくいただけます。こちらではきゅうりを加熱調理するアレンジレシピについてご紹介しています。食欲が落ちやすくなる暑い季節、冷めてもおいしく、食べやすいきゅうりのレシピをぜひお試しください。

【ちきぽん連載vol.3】冷めてもおいしい!ヘルシーボリュームおかず『たっぷりきゅうりの豚巻き南蛮』
【ひよこ食堂vol.17】食欲のないときでも食べられるひんやりレシピ『きゅうりのえびそぼろ煮 冷製仕立て』

まとめ

これまで栄養面では重視されてこなかったきゅうりですが、その酵素の働きを中心に、徐々に研究が進んでいます。カロリーや糖質が低く、糖尿病の患者さんにとっても食べやすい「きゅうり」。ぜひ、夏の食卓に活用してみてください。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner