糖尿病の食材レシピ

「かじきまぐろ」という魚はいない?!かじきの栄養とおすすめレシピ

「かじきまぐろ」という言葉はレシピ名などにも用いられ、聞き慣れている人も多いと思います。

しかし、実際には「かじきまぐろ」という魚は存在せず、「かじき」と「まぐろ」は全く別の種類の魚ということをご存じでしょうか?

また、かじきまぐろは低カロリーなので、糖尿病患者さんの食事にも役に立つ食材です。

今回は、「かじきまぐろ」の名前の謎と、「かじき」の栄養、レシピをピックアップして紹介します。

なぜ「かじきまぐろ」と呼ばれるの?

私たちが「かじきまぐろ」と呼んでいるのは、「まぐろ」ではなく「かじき」のことです。

かじきには、メカジキ、クロカジキ、シロカジキ、マカジキなどの種類はありますが「かじきまぐろ」という種類はありません。

形を見てみると一目瞭然。上顎が剣のように長く鋭く伸びている(「吻」と言います)方がかじきです。

かじき(マカジキ科とメカジキ科)

かじき

(http://www.biggame-lures.com/item/LUS-etc/KajikiHakusei.htm )

まぐろ(サバ科)

まぐろ

(http://uh-1mac.seesaa.net/article/300956924.html)

「かじきまぐろ」という名前で呼ばれるのは、かじきが高速回遊性の大型の魚で、肉質が良いなどの点でマグロと似ているからです。

また、生息域も広く、漁獲法もおなじ延縄漁業ということなどから「かじきまぐろ」と呼ばれているのです。

高たんぱく・低脂肪!かじきの栄養は?

かじきは高たんぱくで低脂肪のヘルシーな魚。

とくにカリウムなどのミネラルが豊富です。また悪玉コレステロールを下げると言われるDHAなどの不飽和脂肪酸も多く含まれています。

お刺身や、塩焼き、ソテー、照り焼きなどのさまざまな料理に使われるほか、かまぼこや練り製品等にも幅広く利用されています。

めかじきの主な栄養成分(可食部100gあたり)

  

カロリー 141kcal

 たんぱく質 18.3g

 脂質 6.7g

 ナトリウム 61mg

 カリウム 430mg

 リン 250mg

 ビタミンA 52μg

 コレステロール 71mg   など

(参考:日本食品標準成分表2010)

かじきのおすすめレシピ

かじきはさっぱりとした味わいなので、ゴマや青じそなど香りの強い食材と良く合います。

かじきのごましそ焼き  (カロリー:206kcal 塩分:0.9g (1人分))

 材料(2人分)

・かじきまぐろ(切り身) 2切れ

・青じそ 4枚

・薄力粉 少々

・溶き卵 少々

・白ごま 少々

・ごま油 適量

(A)

・しょうゆ 大さじ1/2

・酒 大さじ1/2

・しょうが(しぼり汁) 少々

1.かじきまぐろは2等分して(A)をまぶしておき、下味をつける。

2.(1)に薄力粉、溶き卵、白ごまの順でまぶし、青じそでくるむ。

3.フライパンにごま油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして両面こんがりと焼く。

(参考:http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.html?numb=00003039 )

切り身を利用してお手軽料理!

かじきは、スーパーでは多くの場合、おろして切り身になった状態で売られています。

下処理をする場合は、塩を振りかけて15分程度おいておき、出てきた水分を拭き取るだけで完了です。

焼いたり、煮たり、唐揚げにしたり、いろいろな調理法で楽しめる魚なので、お料理のレパートリーも広げてみてくださいね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧