糖尿病の食事コラム

あなたの血管大丈夫?!血圧を下げるための2つの方法

糖尿病の患者さんの40~60パーセントが高血圧をもっているといわれ、糖尿病のある人は、糖尿病のない人に比べて2倍も高血圧になりやすいといわれています。

また高血圧の人は、高血圧でない人の2倍も糖尿病になりやすいともいわれています。

糖尿病と高血圧の関係は深く、糖尿病の治療をする際に、血糖値コントロールと併せて、高血圧を改善するよう指導されることがあります。

これは、糖尿病の患者さんが高血圧や脂質異常を併せ持つと動脈硬化を引き起こしたり、

合併症の進行を加速させたりといった危険があるためです。

特に動脈硬化は、動脈が硬く弾力性がなくなり、血管内径が狭くなることで、心臓病や脳卒中を起こすことがあるため、注意が必要です。

糖尿病と高血圧が心臓病や脳卒中に及ぼす危険性は、健康な人の危険度を1とした場合、糖尿病で2~3倍、糖尿病と高血圧があると6~7倍になります。このような致死性の疾患に進展させないためにも糖尿病の治療と高い血圧を下げる必要があるのです 。

今回は糖尿病の方が血圧を下げる実際の方法から改善がみられた方法をご紹介していきます。

※参考:糖尿病ネットワーク(株式会社創新社)

http://www.dm-net.co.jp/seminar/27_/

監修 東北大学名誉教授 後藤由夫先生

とにかく減塩を心掛けた

高血圧と診断されて、高塩分な食生活を改善する指導を受けて減塩に取り組み血圧が下がった例です。

高塩分と指摘された食習慣

・漬物が好きで毎日食べる。浅漬けならばさらに醤油をかける。

・味噌汁は毎食食べる。

・めん類が好き。麺類を食べる頻度が高く、汁は飲み干す。

・かけしょうゆ、かけソースが多い。揚げ物やお刺身などの料理にはたっぷり調味料を使う。

・佃煮、干物、塩辛、明太子、梅干し、白いご飯の共に何かしら食べる。

改善策

・漬物はやめ、新鮮な野菜サラダをドレッシング控えめで食べるようにした。

・味噌汁は1日1回 減塩の味噌で具だくさんにした。

・めん類の頻度を減らし、汁は1口程度すする。

・減塩醤油に変更。調味料をかけるのではなく、決めた量を器にいれてつけて食べることに。

 物足りないときはレモンをかける、わさび、からしをきかせるなど刺激物を利用

・佃煮などの加工食品は1週間に1回程度と決めて実行。

一変した食生活に最初は戸惑い、「好きなものが食べられなくて生きている甲斐があるのか!」などと思ったそうですが、しばらくして食生活に慣れてくるとともに血圧も安定してきたそうです。

時々起こっていためまいや動悸もなくなり、現在では、「味が濃いものは食べられない!」との変わりようです。

次第に漬物や佃煮など加工食品への執着もなくなり、素材の味がよくわかるようになって食生活は満足しているとのことです。

太りすぎを解消した

徐々に重くなっていく体重。主治医の先生から太りすぎは危険であることの指導を受け、ダイエットに励み血圧が下がった例です。

ダイエット前の食生活

朝:食べない又はコーヒー1杯

昼:外食(丼物や揚げ物が多い)

  飲み物は缶コーヒーが多い

夕:ビール500mlと日本酒か焼酎1合程度

  肉類や揚げ物好む、ご飯はどんぶり1杯

  物足りない時はスナック菓子一袋

ダイエットに取り組んだ食生活

朝:パンかご飯、卵、ハム、魚、納豆、野菜サラダ、コーヒー、ヨーグルト、

  夕飯の残りおかずなど

昼:外食(焼き魚定食など定食を選択、揚げ物はNG、ごはんを1/3残す)

  飲み物はお茶

夕:休肝日を週2日つくる。毎日のお酒の量は半分に減らす。

  夕食が遅くなったときはおかずの1品を朝食にまわす。

  野菜、海藻類を増やす。肉より魚や大豆製品をとる。揚げ物は週1回

  ごはんは茶碗1杯

  夕食後のスナック菓子などの間食はNG

この患者さんは、次の様にコメントをしています。



「最初は朝食を食べるのがきつかった」「野菜不足を実感した」「体の調子がよくなった」など減量をとおして気づいた点がありました。

肥満は、全体の過剰摂取が原因だったこと、それに伴い野菜不足や夕食過多が原因だったことがよくわかりました。


まとめ

今回は食生活で血圧を下げる方法として主な改善例を紹介させていただきましたが、

食生活以外でも、ストレスや睡眠不足、喫煙等が高血圧の要因としてかかわっています。

食生活を含めた生活全般の改善を心掛けること、それが高血圧には最適な方法です。

糖尿病で高血圧の方は、気を付けることが増えたとがっかりすることはありません。

食生活では健康食を目指しているわけですから気負う必要はないのです。

最初はつらく感じることもあるかと思いますが、慣れてくれば気になりません。

まずは血糖コントロールが大事ですが、併用して高血圧の予防に努め、病状の進行を抑えて合併症の進行につながるのを防いでいきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧