【医師監修】シャキシャキ食感のローカロリー野菜!「オカヒジキ」を活用しよう

オカヒジキのヘルシーレシピ

オカヒジキはさっとゆでるだけで和え物やトッピングに活用できるので、油を使わずヘルシーです。シャキシャキ食感が楽しく味にクセがないため、いろんなメニューに使えますし、小さなお子さんも食べやすいのではないでしょうか。

・シンプルにおいしく!オカヒジキの和え物
オカヒジキをおいしく食べるのに、手間はかかりません。2分ほどゆでて水にさらし、しっかり水を切ったら食べごろです!すぐに仕上がるお手軽さも嬉しいですね。本場である山形県でもっともよく食べられているレシピは「辛子和え」だそうです。お好みの配合で辛子醤油をかけ、よく和えるだけで、オカヒジキのおいしさが引き立つシンプルレシピが完成します。

お子さん向けにはマヨネーズをつけたり、味噌で和えるとまろやかな味になります。
油や塩分を含んだ調味料で味わう場合には、かけすぎないように注意してくださいね。

・麺類にトッピングして食感の変化を楽しもう!
パスタやそうめん、冷や麦などにトッピングすると、シャキシャキした歯ごたえがプラスされて食感の変化が楽しめます。

一見ヘルシーに見えて、見過ごせない糖質やカロリーを含んでいるのがそうめん、冷や麦やうどんといった麺類です。オカヒジキをたっぷり添えて、麺そのものの量を少なめにするサラダめんにしてみてもいいかもしれません。

オカヒジキを冷やしラーメンに添えても、涼しげな味わいが楽しめます。こちらは糖質0麺で楽しんでもいいですね。

・薬味がわりにも活躍!
オカヒジキは納豆と混ぜたり、お刺身のツマにしたりと、薬味がわりにも活躍します。
みょうがやショウガとの相性もいいので、薬味のミックスをつくってみてもいいかもしれません。

参照・参考
生ひじき|仕入れなら業務用食材卸売市場Mマート
収穫したひじきをさっと茹でると、鮮やかな緑に変わる…:芦屋のひじき 写真特集:時事ドットコム
ペロリンの山形旬情報《おかひじき》|おいしい山形ホームページ
おかひじきの酢みそ和え|茅ヶ崎市
おかひじき丼| チャレンジ!!料理道場| 経営企画課| 市役所の仕事としくみ| 行政情報| 古賀市オフィシャルページ

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る